事前の準備が大切!小規模宅地等の特例で相続税を節税!

更地があるならアパートなどを建てておく


不動産の持ち方として、土地を更地のまま保有するとき、駐車場などの事業に使うとき、賃貸物件の保有、そして自己の居住のための保有があります。同じ土地を持つのであっても、保有の仕方で相続税の評価が変わります。土地を更地のまま持つのは、固定資産税も多くかかるとして知られていますが、相続税も多くかかるとされています。一応通常よりも低い価値で評価されますが、特例などは適用されません。居住用を既に保有していて更地があるとき、居住用は建てられないのでアパートなどの建設を考えておきましょう。貸家建てつけ地として土地を評価できるので、通常の評価額よりも減額してもらえます。相続が発生する前に建てておく必要があるので、早めに対処しましょう。



誰が引き継いで利用するのかを決めておく


相続は、親子間、兄弟間でももめるとされています。資産が多い時少ない時関係なく、できるだけ事前に話し合いを持って互いに納得のいく遺産相続ができるようにした方がいいでしょう。遺言書に書けばよいだけでなく、話し合いを持つようにしておきましょう。この時、住んでいる住宅があるなら小規模宅地等の特例が受けられる可能性があります。条件としては、相続人が引き続き利用する必要があります。売却などをすると適用されなくなります。そのための準備として、誰が引き継ぐのかを決めておきます。決めないでいると、売却してお金にして分けようとの話になり、せっかく受けられる評価減が受けられなくなります。適用されれば約20パーセント程度まで評価が下がります。

相続税の税理士を川崎で探すには、口コミサイトが便利です。ホームページを見ただけでは分からない税理士の情報を得ることができます。