遺言によって遺産を貰った人の相続税はどうなる?

遺産相続における相続税の支払い方


遺産相続の際に高額な預貯金や土地、家屋などを引き継ぐ場合には、金額に応じて相続税の支払いが必要となるケースがあります。特に、遺言の有無については、遺産相続の話し合いの進み具合に関わってくることがありますが、相続税の正しい支払い方や計算方法などを前もって勉強しておくことがおすすめです。また、相続をする不動産の数が多い場合には、不動産鑑定士や土地家屋調査士などの専門家に相談をすることによって、具体的な建物や土地の価値について把握することが大事です。相続税の申告漏れなどのトラブルを未然に防ぎたい時には、各地で相続に関する相談を受け付けている税理士事務所にサポートを受けることで、様々な不安を解消することができます。



遺産相続の税対策をするポイント


遺産相続に備えて税対策をしたい場合には、相続の分野に特化したサポートが行わている税理士に対応をお願いすることが肝心です。中でも、数億円以上の遺産を相続するにあたっては、高額な相続税を支払う必要が出てくることがありますが、信頼のおける税理士からアドバイスをもらうことで、経済的な負担をなるべく抑えることが可能です。大手の税理士事務所の中には、遺産相続の協議を進める際の注意点について分かりやすく説明が行われているところもあります。そこで、焦らずに相続人同士の話し合いを行うために、まずは成功事例の多い税理士事務所の取り組みに目を向けることはもちろん、安心して相談のできる税理士を早期に探しておきましょう。